新葬儀式

●新葬儀式とは

直葬+寺院での夜の告別式
葬式をせず火葬だけすることを「直葬(ちょくそう)」といいます。これまで東京近郊では、人が亡くなってからは臨終→通夜→葬儀・告別式→火葬という順番が普通でした。直葬とは臨終→火葬と途中の葬儀を取り払ってしまうのものです。しかしこれでは生前の故人を偲ぶ間もありません。そこでこの新葬儀式は直葬+寺院での夜の簡易な告別式というかたちをとります。これは合理的で儀礼にも法っとり、経費も安くすみます。現在関東での通夜、告別式への参列者は七対三と言われています。つまり通常、午後六時三十分から始まる通夜への参列者が圧倒的に多いということです。そこでこの新葬儀では参列者の多い夜に告別式を行なうのです。また火葬をしてお骨になってからの葬儀なので、ご遺体の保存を気にせず、ゆっくりとしたスケジュールで葬儀ができるメリットもあります。

●新葬儀式の特徴

■経費が安い
寺院の本堂の内陣(ご本尊がご安置してある一段高い場所)にご遺骨を安置してお花を差し上げるだけの簡易な式典です。

■仏教の教義、儀礼に法った式典
通常の臨終→通夜→葬儀・告別式→火葬とは異なる内容ですが、仏教の教義、儀礼に法った式典です。

■ゆったりとしたスケジュール
亡くなった直後に近親のご遺族による直葬で、お骨になってからの葬儀のためご遺体の保存を気にせずゆっくりスケジュールが組めます。たとえば四十九日の法要時に合せて葬儀をおこなうことも可能です。

■夜の式典は参列者が集まりやすい
現在関東では告別式よりも通夜への参列者が圧倒的に多いと言われています。通常の通夜が行なわれるのは午後六時三十分。ゆえに通夜+告別式の新葬儀はこの時間でおこなうのがよいかと思われます。

新葬儀式